アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは、古代インドを発祥の地とする4千年以上に渡って受け継がれてきた民間療法です。

サンスクリット語のアーユス(生命・寿命)とヴェーダ(科学・知識)の2つの単語からなり、「生命科学」という意味があります。

スリランカのアーユルヴェーダもこの療法で、インドと共に「トリ・ドーシャ理論」という考えによって治療が行われます。トリ・ドーシャ理論の「トリ」は、”3”の意味、「ドーシャ」は生命のエネルギーを意味し、ヴァータ(Vata)、ピッタ (Pitta)、カパ(Kapha)と呼ばれる3つの生命エネルギーを指します。この3つのエネルギーから、一人ひとりの体のバランスや心の乱れなどを読み取っていきます。

アーユルヴェーダは、心と身体を一面的に捕え、心身のバランス(調和)をはかることにおもきをおき治療を行います。

アーユルヴェーダ哲学において「健康な状態」とは、心と体のバランスがきちんと整っていることで、心身を健康な状態に戻すためにさまざまな治療を施していきます。

アーユルヴェーダはWHO(世界保健機関)に承認されたれっきとした医術です。

スリランカのアーユルヴェーダ専門院では、資格を持った医師が必ずおり、患者さん一人一人に適応した治療を行っています。

アーユルヴェーダでは、体が疲れている、体質改善を行いたい、自分の体質を知りたいなど、さまざまな問題に答えることができます。

昨今の日本でもオイルマッサージなどの健康増進、美容法として、ヨガとともにアーユルヴェーダという言葉も聞かれるようにななってきました。テレビ、雑誌等でも特集が組まれアーユルヴェーダの旅としてインド、スリランカへのツアー企画も見受けられます。

元々、アーユルヴェーダとは単なる民間療法ではなく、はるか昔から精緻な体系と理論を備えたインド・スリランカに伝わってきた伝統医学です。

アーユルヴェーダの理論の大事な所(コンセプト)は「心身がともに健康な状態」を健康の基準として考え、心身のバランスが整う事を重要視しています。アーユルヴェーダでは、心身が健康な状態はどのように維持されるのか、また「どんな生活を行えば病にならないのか」といった予防医学の考え方を基本とし、心身のバランス維持と健康増進に焦点がおかれています。

ドーシャとは

ドーシャはアーユルヴェーダの独特な概念です。アーユルヴェーダの先駆者たちは物質界を支配する五個の元素が生命現象にも当てはまると考えました。

“ドーシャとは、サンスクリット語で「不純なもの、増えやすいもの、体液、病素、病気の発生に基本的なレベルで関係する要素、病気を引き起こす最も根本的な原因」などを意味し、 体液もしくは生体エネルギーを指す。その異常が「病気のもと」となるため、病素とも訳されます。

ドーシャは正常な状態では生命を維持し健康を守るエネルギーであるが、増大・増悪すると病気を引き起こします。

ドーシャのバランスを崩す原因としては、体質、時間、日常生活、場所、天体が挙げられ、特に体質(プラクリティ)が重視されます。

人間は個人により、先天的・後天的に各ドーシャの強さが異なり、性格や体質の違いとして現れる。 体質は個性であると同時に、その人の病気へのかかり安さも意味します。アーユルヴェーダでは、各人の体質に合わせた食事、生活、病気の治療法があると考え、指導や治療を行います。

「アーユルヴェーダ」wikipedia より引用